研究会

【12/17研究会】大学発ベンチャー起業家の「熟達」研究:瀧和男のライフヒストリー(第27回京都ものづくりバレー研究会)

  • LINEで送る

12月の研究会は、瀧和男氏をお招きし、「大学発ベンチャー起業家の「熟達」研究:瀧和男のライフヒストリー」と題して、大学研究者による起業がどのような経験とプロセスにより実現されるのかについて話し合います。企業の新規事業担当者、起業家、京都ものづくりバレー構想にご関心のある方など、ぜひお気軽にご参加ください。

1.開催日時・場所
【日 時】 2019年 12月 17日(火) 18時30分〜21時00分
【会 場】 京都大学吉田キャンパス内 国際科学イノベーション棟東館1階ラウンジ(次ページ地図の69番)
【テーマ】 「大学発ベンチャー起業家の「熟達」研究:瀧和男のライフヒストリー」
【議題提供】 瀧 和男 氏

2.ご出欠について
研究会へ参加を希望される方は、右記の申込みフォームにて手続きをお願いいたします。
 https://kmv.kyoto/form

3.お問い合わせについて
本講座の松浦・上野まで直接ご連絡いただけますと幸甚です。 (研究会事務局メール: info@kmv.kyoto )

4.次回研究会について
日程は2020年1月第3火曜日(21日)の予定です。改めてご案内させていただきます。

5.『京都ものづくりバレー構想の研究と推進 (JOHNAN) 講座』 について
本講座は、近い将来この地に世界に冠たる「京都ものづくりバレー」を実現することを目指して設置されました。新商品開発の試作から量産に至る製造一環支援をグローバルレベルで提供する京都地域開発に関する研究・教育と啓発を主目的とし、 商品開発ならびに起業に焦点を当てた事業デザイン、試作を含めたプロダクト・リアライゼーション、さらにはインキュベーションとアクセラレーションまで含めた「産業エコシステム」を、グローバルレベルかつ京都に相応しい形で実現すべく、米国シリコンバレーに代表される世界の産業エコシステムから学びつつ、各企業および団体と連携しながら、実践的な研究活動を進めています。
【ご参考】 https://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/ja/news-event/news.html

  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)